摩耶ロープウェー、10月からゴンドラ2台の通常運行に(レスポンス)

通常運行の情報について、注意深くみています。
しかし実は、とても気になる記事です。特に、ロープウェーと索道路線について気になります。
気がついたのですが、とてもゴンドラとゴンドラが相関性があるとは思えません。
なお、ロープウェーや暫定再開時点はなんだかとても面白そうですね。
また気になったこととしては、トラブルに関して、とても驚きました。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140916-00000011-rps-soci
摩耶ロープウェー、10月からゴンドラ2台の通常運行に
レスポンス 9月16日(火)9時30分配信
ゴンドラ1台の暫定運行が続いている摩耶ロープウェーは、当初の予定…ちづくり公社が、このほど発表した。

摩耶ロープウェーは、神戸市灘区の摩耶山に敷設された索道路線。運転制御システムの更新工事に伴い2013年12月1日から運休し、当初は今年3月1日からの再開を予定して…損。再開も5月21日まで延期された。

5月の再開時は損傷が少なかった「ひこぼし」と荷重ゴンドラを組み合わせた「片線運行」による暫定再開となり、「おりひめ」は損傷が激しかったことから改めて製作されるこ…るようにするという。

荷重ゴンドラの搬出と新「おりひめ」の搬入を行うため、摩耶ロープウェーは10月6日から10日まで運休し、翌11日から新「おりひめ」と「ひこぼし」の2台による通常運行を再開する予定…ス 草町義和》
【関連記事】

摩耶ロープウェー、5月から「片線運行」で再開
福井鉄道「レトラム」、またトラブル…9月は運転中止
『SL銀河』本年度ラストはナイトクルーズ…1…
続きを読む

すでに腰が痛い人も痛くない人も、これから痛い思いをしないよう、腰痛になりにくい生活習慣を送りましょう。しかし多くの人々は腰痛を訴えているが、画像診断に異常が見られない患者は疾患として認めらず健常者という扱いとなる。<a href=”http://kamiwazado.exblog.jp/&#8221; target=”_blank”>ブログ</a>。

日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験している腰痛大国である。ぎっくり腰は癖になるってよくいいますよね?どうしてだと思いますか?癖になるのではなく、ぎっくり腰になりやすい生活習慣や姿勢をしているからなのです。特にカイロプラクティック、<a href=”http://dendenden.lolipop.jp/chiro/&#8221; target=”_blank”>整体</a>は、頭痛、肩こり、椎間板ヘルニア、ムチウチ、坐骨神経痛、五十肩、肩の痛み、膝の痛み、背中の痛み、ぎっくり腰、急性腰痛、慢性腰痛、など様々な痛みに効果があります。

<a href=”http://dendenden.lolipop.jp/chiro/&#8221; target=”_blank”>整体</a>、カイロプラクティック、整骨、接骨、など様々な治療法が、このような慢性痛に効果があると言われています。ぎっくり腰だけではなく、腰痛は年齢と共に現れるものでもありますが、姿勢や生活習慣が大いに関係しています。

病院では医学とはあまり関わりのない一般的な説明や医師独自の解釈による説明などがなされるものの、実際には腰痛患者の8割は原因が特定されておらず、多くの患者はそのまま放置されている。その他、自律神経失調症、胃腸の不調、など内臓の不調や原因不明の症状にも効果を発揮します。

広告