ボウ博士は「かさぶたを形成するために傷口を乾かすべきだと考えている患者が多いが、これは最悪の処置だ」と述べ、「傷口をきれいに湿った状態にしておくべきだ。高級なものなど使用すべきでない」と語る。 博士は昔ながらのワセリンとバンドエイドを薦める。軟こう「Aquaphor」の手触りのほうを好む患者もいるが、ボウ博士によると、これも効き目が高 い。博士によると、保湿剤に混ぜ物が多ければ多いほど、アレルギー反応を引き起こす確率が高くなる。変色を避けるために治りかけの傷を日光にさらさないこ とが非常に重要だ

広告